40代以降からは受診する|甲状腺の病気を見破る術|体のSOSに気付いて
男性

甲状腺の病気を見破る術|体のSOSに気付いて

40代以降からは受診する

サージカルマスク

命を守るために

女性が生涯に罹患するがんの中でも、罹患率が高いのが乳がんです。最も罹患しやすい年代は、閉経前後の40代後半から50代前半だと言われています。しかし、まだ若いから安心できるというわけではなく、食生活の西洋化や出産人数の減少などの要因で30代の発症も増えています。今では12人に1人は乳がんになると言われているほどです。乳がんは初期の段階なら乳房切除も回避できますし、全身にがん細胞が広がりません。初期に治療するには、乳がん検診を定期的に受診することが最も効果的です。40代になったら2年に1回のペースで乳がん検診を受けるようにしましょう。この年齢になると、無料で乳がん検診を受けるためのクーポンが配布されます。

マンモグラフィーとエコー

乳がん検診の方法は、医師が実際にしこりがあるか確かめる触診や、マンモグラフィーにエコーなどがあります。マンモグラフィーは、乳房専用のレントゲン検査のことです。正確に撮影をするために、圧迫板で乳房を強く挟みます。エコーは、超音波の力で些細な腫瘍を見つけることができる方法です。両方の乳がん検診を組み合わせて行うことで、見落としを防ぐことができます。ただ、マンモグラフィーは乳腺が充実している若い女性よりも、40代以降の女性の乳腺を調べるのに適しています。ちなみに、最も適した年代は60代とされています。若年層の場合は、エコーだけでも充分でしょう。40代以降の乳がんの罹患率が上昇する時期になったら、2つの方法で乳がん検診を行います。